2009年05月21日

国家による偶像礼拝の強制

日の丸・君が代の強制は偶像礼拝の強制なので反対であるが、同じ反対派の主張、その反対派に懐疑的もしくは反対派に反対の人の主張を読んでみると、クリスチャンの日の丸・君が代の反対とは理由が違うので両者に対して一線を画したい。聖書の教えに反するのでクリスチャンは日の丸・君が代の強制やそれに類する主張に反対しているのであって、他の理由で日の丸・君が代に反対しているのではないからだ。敢えて言えばどちらもどっちなのである。クリスチャンは右でも左でもなく、神様に対してどういう姿勢であるかが問題なのであるからだ。

敢えて言えば、聖書の神抜きの、日の丸・君が代の強制に対して賛成・反対などという論議自体がクリスチャンの私にとって、ナンセンスこの上ないのであって、聖書の神を信じる私にとって、そんな議論をする人々はいざとなったら共に手を取ってクリスチャンに反対(クリスチャンを迫害)するに決まっている、と判断できる。彼らの議論は聖書の神抜きで行われている、すなわちクリスチャンの観点抜きでの議論であって、彼らはクリスチャンの日の丸・君が代の強制に対する本当の反対の意味を知らないし、知ったとしても彼らにはとても賛成できない代物だから、日本では、共に反対は主張できない、と神を信じない日の丸・君が代強制反対派の人には言いたいのである。

そして、クリスチャンに対しては、クリスチャンですら日本では日の丸・君が代を強制させた歴史を持つことを忘れてはならない。クリスチャンはあくまで聖書の教えに従って日の丸・君が代の強制に反対すべきなのだ。そしてただ淡々と福音を人々に述べ伝えるべきなのだ。社会的な運動を強調する教会やクリスチャン、彼らを多く抱える教団などもあるが、そんなことよりも大切なことが聖書の神を信じる者にはあるのではありませんか、とも私は言いたいのである。

posted by one_christian1961 at 19:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 児童ポルノ禁止法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。