2009年03月21日

らき☆すたは児童ポルノ禁止法違反の漫画に確実になる

これから審議され改悪は確実であろう児童ポルノ禁止法。この法律の改悪案(ここで特に何も言わない場合、法律とか改悪(案)は与党案を指す)を推進しているのは言うまでもなく日本ユニセフ協会や日本キリスト教婦人矯風会(エクパット含)、日本YMCA同盟、日本YWCA、などといったキリスト教(日本キリスト教協議会)系の団体である。

彼女たちは未だに世界中の同志を集めて政府に圧力をかけて、マンガのキャラクターにも人権を与えてまでマンガ、アニメ、ゲームなどを児童ポルノとしてこの地球上から抹殺しようという暴挙をしようとしている。現代の焚書をしようとしているのだ。その様な人たちの仲間扱いされるのは迷惑を通り越して、彼女らを異端、カルトと断言してキリスト教とは決して見做さないように世界中のキリスト教会に国連レベルの場で宣言して欲しいほど怒っている。

この改悪案が通ったら、鷲宮町で話題のらき☆すたなんかエロ漫画でないけども法律違反で、らき☆すたを持っている人は全て犯罪者になる。特に泉家は全滅だ。こなたは142センチの高校3年生でコスプレ喫茶でバイトしているし(これだけで2重の法律違反)、その動機の1つがコミケの資金を貯めるためだからコミケもアウトのこの改正案ではさらに法律違反の要因が増えるし、彼女の日頃の発言も法律違反だろう。さらにゆたかは138センチだから小学生と変わらない訳で(小4の宮河ひかげは134センチ)存在自体がアウトだ。そうじろうは言うまでもなく見せしめのために吊るし上げを食い作家生命も終わりだ。その様な親戚を持つゆい姉さんも警察にいられるはずもないだろう。さらに桜庭ひかる先生も143センチで腐女子でアニメーション研究部の顧問もしている訳だから法律違反であるし、こうもひよりも同人作家でコミケにも出入りしている訳だからアウトである。

それでいて肝心の児童の保護に関しては二次元の規制が何の役にも立たないどころか逆に規制した方が悪質化する(戦前の日本の治安維持法、アメリカの禁酒法、ドイツの全権委任法、戦後の中国の文化大革命に匹敵する行為だ(人権擁護法とペアで考え、共謀罪も審議されたのもつい最近であることを考えれば当然だ))。

アニメ版でも第6話の海に行く話には法律違反間違いなしのシーンが続出しているから(たとえば入浴シーン)アニメ版もアウトだ。

原作者の美水かがみもアニメを作った京都アニメーションも、声優たち全員と角川書店、全て法律違反である。

まさに漫画内で原作者の美水かがみがこなたに言わせているオタクに対する偏見が最悪の形で法律化したものだ。法律化した人たちの方が虚構と現実の区別が付いていないし、そんな人間の感情だけで法律を作られては日本が滅亡するのは目に見えている。

こんな法律を今国会にマジで提出して成立させようとしている。主導者は黒柳哲子が属していないユニセフ(偽ユニセフ)協会で、中心人物のアグネス・チャンは創価学会(池田大作)べったりで組織としても本家の国連のユニセフが主張もしていないことを、アメリカですら違憲判例が確立している二次元表現の規制を卑劣な手段で(ナチス並)行おうとしている。日本は戦前の日本ではないし、こんな法律を推進しようとしている人たち(自民党や公明党、偽ユニセフ含む)はナチスと同列で北朝鮮とも変わらない団体であり、彼らは非国民だ。彼らに北朝鮮を、中国を批判する資格は全くない。

この法律の改正は「単純所持」を認めようという項目があり、その方がメインのようである。しかし「単純所持」を認めると下のような危険があるので絶対に認めてはいけない。嫌いな人を社会的に抹殺(人でなしと)することが合法的に、いや警察レベルで強引に冤罪承知で有罪にして人を社会的に抹殺(人でなしに)することの出来る法案なので、この法律改正は人間ならば絶対に認めてはいけない。この法律改正を推進している人こそ人でなしである。

民主党案も酷いものだが、与党案は先のリオデジャネイロでの会議での宣言の実現を目指しているので、日本ユニセフ協会はまだ2次元の規制を諦めていないという。どれだけ悪質な改悪案なのか分かっているのだろうか。日本を中国や北朝鮮のような、かつてのナチスドイツのような国にする法案改悪であることは既に述べたのに、そのことを指摘する人はたくさんいるにも関わらず、日本政府すら今回の改悪案に盛り込むのを断念した2次元規制を未だに政府に署名をもってアピールしている(創価学会が関係していることだから数万人の署名など100万人単位で会員のいる創価学会関係者だけで集まるので説得力などないが)。とにかく、彼らの言動は正気の沙汰ではない。単純所持だけでも認めたら日本が中国や北朝鮮のような、かつてのナチスドイツのような国にする法案改悪であることは自明なのに、さらに2次元まで同様に単純所持で規制したら、PC・携帯などの科学技術の応用品が普及した21世紀の今、今国会で出されている改悪を通せば、かつてのナチスドイツ以上、中国や北朝鮮のような独裁国家でない日本であるだけ、独裁国家より酷い国家になること疑いようがない。

民主主義の原点に立ち返って、ユニセフの署名活動を考えて見る

http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2008/03/post_8893.html

児童ポルノの単純所持禁止にアニメ・マンガ・ゲームは含めるべきか否か?

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080313_child_anime_manga/

児童ポルノ画像がダウンロードできない偽リンクをクリックしただけで逮捕、有罪に

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080323_fbi_fake_hyperlink/

ブラジル会議、閉幕 「閲覧」の違法化と、「過激な二次元創作物」を「児童ポルノ」とする宣言を採択

http://ameblo.jp/hiryoyasyohyou/entry-10171227583.html

posted by one_christian1961 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童ポルノ禁止法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。