2009年03月24日

いろいろと漫画を見てきたけども

私の年齢はらき☆すたメンバーの親の世代、ただおやそうじろうの世代なので、しばらくアニメにはご無沙汰していた。4コマ漫画は今でも好きなので、穏健な4コマ漫画くらいは見ていたが、らき☆すたをネット上の話題で知り、読んでみた時、私のアンテナにピーンと来たのです。らき☆すたも私の好きな4コマ漫画ということもあったのかもしれませんが、好き嫌いが別れるこの漫画に私は見事にはまってしまった。
私は先に言ったようにただおやそうじろうの世代。いわゆる新人類と呼ばれた世代に属する。この世代は、物心ついた時から漫画やアニメが普通にあった世代であり、いろいろな漫画やアニメの名作(古典)をリアルで見てきた世代である。簡単に言えば、サザエさん(アニメ版)を始めの頃から見ていた世代である。手塚治虫&トキワ荘グループの作品と梶原一騎ものでアニメを見始め、世界名作劇場に泣き、宇宙戦艦ヤマトでまた泣き、漫画やアニメが家庭環境が良くなかった私にとってはどれだけ慰めになったか分からない。
そして今、らき☆すたメンバーの親の世代になって思うことは、つくづく漫画は日本を代表する文化だということである。戦後、手塚治虫が出てきた頃、その後もしばらく漫画を有害視する時代があったのだが、今は経済の一翼を担っているし、アニメなどの関連商品を含めれば、更に日本の経済に無視できない存在となっていることは確かである。今でもいろいろと言われているが、それは、戦後、手塚治虫が出てきた頃の、漫画を有害視する時代があったので別にいつの時代も漫画、それに付随したものは批判し続ける人は絶えないだろうし、別段、それで漫画の文化が衰退するわけでもない。
私自身は物事、出来事などを一歩引いてみる方なので、はまると言っても、猛烈にはまって抜け出せないほどにはならない。漫画、アニメ等々いろいろと見てきたけれども、それらに対する感情的な議論などは私には理解できないし、あくまで見るだけの人間である。今はファミリー4コマ漫画に私が見る漫画の重点が置かれているが、らき☆すたは4コマ漫画なので読んでいて違和感がない。
posted by one_christian1961 at 07:54| Comment(0) | 児童ポルノ禁止法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。