2009年04月02日

創作物表現規制派は民主主義者では断じてない!

当時権力の象徴だったカトリックに自由主義者として敵対し、そのカトリックに死後まで忌み嫌われたヴォルテール。彼には以下のような名言があります。いかにも自由主義者ヴォルテールが言いそうな言葉であります。

「私はあなたの書いたものは嫌いだが、私の命を与えてもあなたが書き続けられるようにしたい」

これ漫画家、アニメーター、など創作物表現者に対して、与党案の支持者、特に矯風会のようなキリスト教もどきのカルト的団体の人に言ってもらいたいものです。自分のように他人を思いやる(愛する)ことこそキリスト教の真髄なので、当然、キリスト教は自由主義的な部分を持った教えです。クリスチャンに限らず良心のある人間なら当然言えるはずです。言えなければ人間じゃなくなります。良心の欠けた人間が何かすれば普通は「人間性を喪失している奴は死刑だ!」と言うはずだからです。

ヴォルテールの言葉をこう言い換えればここでなぜこの言葉を出したか分かります。

「私アグネス・チャンはエロマンガは嫌いだが、私の命を与えてもあなたがエロマンガを書き続けられるようにしたい」
(アグネスチャンのところは彼女と同じ考えの持ち主なら誰でも当てはめられます)

これが言えない創作物表現規制派は民主主義者ではありません。なぜなら日本でもアメリカでもこのような主張は精神的自由権と言って民主主義の最低限の前提として守ること憲法で謳われていて、精神的自由権の保証こそが民主主義国家の定義だからです。今回の法律改正はこの精神的自由権の否定であり、日本が(そしてアメリカや欧州は既に)民主主義国家であることの否定することになるからです。特に創作物表現規制派の宗教者は信教の自由を謳った日本国憲法第20条が精神的自由権であることを忘れないでほしいです。

日本国憲法第19条 思想及び良心の自由

日本国憲法第20条 信教の自由と政教分離原則

日本国憲法第21条 集会・結社・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密

アメリカ合衆国憲法修正第1条 信教、言論、出版、集会の自由、請願権
posted by one_christian1961 at 18:26| 東京 ☀| Comment(2) | 児童ポルノ禁止法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
青少年ネット規制法は施行されてしまったし、警察は出会い系サイト規制などを名目にネットに介入したがってるし、なんとかならんもんですかねぇ。
Posted by toby at 2009年04月03日 13:43
この問題は日本人全てに関わる大問題k、民主主義の根幹に関わる大きな政治問題なんですから、ノンポリでは困るのですが、他の人よりも規制派のキリスト教勢力に対する反動でノンポリがクリスチャンの世界では比率高いんです。困ったもんだ。エクパットなるカルトもどきのキリスト教団体を名乗る存在がバックにいるというのに、危機感なさ過ぎです。クリスチャンは信教の自由を勝ち取るために戦った歴史があるのを忘れたのでしょうか?
アメリカという国はその戦いで成立した国であることは歴史的事実なのですが。修正第1条こそアメリカ合衆国の理念なんです。そこに謳われているのは精神的自由権と呼ばれているものです。
その精神的自由権こそが自由主義、民主主義という形としてクリスチャンも、クリスチャンでない人も共有できる大切な概念であるというのに。
Posted by one_christian1961 at 2009年04月09日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。