2009年05月11日

忌野清志郎のいない5月

5月2日に、ロックミュージシャン、忌野清志郎がガンで死んだ。私の世代はまさに彼の全盛期にぶつかっているので、彼の凄さは何度も見た。聞いた。まさに彼は生き方そのものがロックだった。ロックとは反体制の生き様を指すのだ。去年の8月に赤塚不二夫を失い、11月に筑紫哲也を失い、また今月、忌野清志郎を失った。そして日本の社会は崩壊へと向かっている。彼らのような存在が必要な、その時に彼らは死んでしまった。





posted by one_christian1961 at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | 児童ポルノ禁止法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。